LUSH MY LIFE.

ジャニヲタとして生きる

嵐の活動休止に関して、まだ心の整理がつかない私のつぶやき

2004年、何の気なしに見ていた24時間テレビ。
嵐って仲がいいグループなんだなぁ。見ていて和むなぁ。

そう思っていた私を沼に突き落としたのは、紛れもなく、相葉雅紀さんの

「トップになりたいって夢、絶対叶えようね。」

そして、それを泣きながら、または笑顔で見守る嵐4人の姿でした。

嵐の活動休止に関して思うこと

正直、気持ちの整理はできていません。
二宮くんが言ったように、ファンも気持ちの整理に時間がかかる、というのは間違いないと思います。

ここ数年現場は当たっていなかったし、積んでまで入ろうともしていなかった。
テレビも雑誌もすべて追っていたわけではなかった。
それでも、年貢のように年会費を振り込み、当たらないと半ばあきらめつつも、毎年毎年相葉さんのお誕生日公演に申し込み続けた。
当選したくて、平日の札幌ドーム公演を1枚で申し込んでみて、落選して落ち込んだりもした。

そんなゆるい嵐ファンだったけど、16年、人生の半分は、嵐と一緒に歩んできた。

大学入試の時は大好きな嵐を断って、相葉さんのレコメンだけ残して、必死に勉強して大学に入った。
大学生をしながら全力でオタクをして、全国を飛び回って、オタクの楽しさを知った。
コミュ障で人見知りだった性格は、オタクをしている中で、いつの間にか治っていた。
社会人になり、ここぞという場面ではずっと、心の中で「きっと大丈夫」をワンフレーズ歌ってから臨んでいた。
恋愛で落ち込めば「Love so Sweet」を聞き、雪が降れば「冬のニオイ」を聞いた。
夏は自転車を漕ぎながら「ロマンス」を口ずさみ、落ち込んだ翌日は「Hero」を口ずさんだ。

05~06が最高潮に現場入りしてたのでこういうプレイリストになってしまうけど、それでも、嵐の曲はずっと聞いていた。

嵐はいつのまにか生活のインフラになっていた。
だから、それが突然「来年末になくなる」と聞いて、何が起きたのかわからなかった。

歌広場淳さんが「当たり前にあると思っていた」と言っていたけれどまさにその通りで、テレビをつければ嵐がいて、相葉さんはCMに引っ張りだこで、そういう世界が、いつのまにか当たり前になっていた。

大野くんが「魔王」に出演すると知って大野担と泣くほど喜んだあの時に比べて、嵐のメンバーが主演をつとめるドラマが放送されることに、新鮮な驚きはなくなっていた。
毎日家族が当たり前におはようと言い、おやすみと言うように、嵐は当たり前にそこにいた。

でも、それは当たり前のことではなく、嵐5人―大野智さん、櫻井翔さん、相葉雅紀さん、二宮和也さん、松本潤さん―そして、嵐を支える関係者、視聴者やファンがいたから成り立っていたことなんだ。と感じた。

4人でも6人でも、それは嵐じゃない、二宮くんがそう言ったと聞いている。

ファンが200万人以上いたって、国立競技場が建て替えられたって、オリンピックがあったって、嵐が嵐でいることを決めるのは、本人たちだったんだ。

本当のことはわからないけど、今の世の中、世論にそう思わせたらそれが真実になる。
嵐が、4人で嵐を続けることを望まなかった。だから、幕を引くことを選んだ。
それが、作られたものであっても、真実。

本当は、めちゃくちゃ嫌です。
2020年12月31日までの日々が、「カウントダウン」になってしまうこと。大好きなものがなくなる日を突き付けられてしまったこと。
相葉さんは、きっと泣いたんだろうな、と思ってしまうこと。

20時の会見で、実は嘘です!と言ってほしいと思っていた。
でも、会見は真実を嫌ってほどに突き付けてきた。笑顔がつらかった。
5人で決めた、ということをしっかりと関係者・ファンに伝え、ついてきてほしいと言われたことは紛れもない事実だった。

私の感情なんて置いてきぼりで、真実は進んでいく。
まるで、制御されたペンライトの色みたいに。
相葉さんを見ているのに青や黄色に光るペンライト。勝手に点いたり消えたりする光。
数年ぶりに当選して入った嵐コンで感じた疎外感に似たものを、会見を見て感じてしまった。

正直、本当にまだ受け入れられていません。
でも、2年後には、受け入れられている自分がいるのかもしれないと思うと、それもまた嫌です。
16年一緒にいた存在を、たった2年でなかったことにできるのだろうか。

でもある意味悲しいことに、嵐がくれた思い出はずっと心に残っています。
一生忘れたくない思い出もあります。

2年かけて自分が変わることが嫌で嫌で仕方ないけれど、それでも、嵐がいたから今の自分がある。
そう信じて、日々やるべきことをやっていきます。

取り急ぎ、自分の気持ちを整理しました。

【ジャニヲタとお金】2018年の現場と現場費用を振り返りました

ジャニヲタの皆様、お疲れ様です。
宮舘沼に落ちてからというもの定期的に病み&元気を繰り返している間に年が明けていました。最近の京本くんのビジュアルが神がかっていて何が起きたのかと思いましたが、お腹はさておき今の体重の感じが好きなのかもしれません。オスみがありませんか?

さて、年が明けたので昨年のジャニヲタ費を計算してみようと思います。
f:id:lml320:20190103213914j:plain

2018年のジャニヲタ費は472,400円でした

内訳:
ジャニーズJr.(SixTONES/Snow Man/関西ジャニーズJr.):388,400円
A.B.C-Z:80,000円
嵐:4,000円

予算と比較してみましょう

www.lml320.com

当初の予算はこちら。
FC会費 14,500
現場代 194,100
グッズ代 30,000
計:238,600円

グッズ代をのぞいても、実際にかかった金額とは223,800円の差があります。
大誤算でしたね。

一般的なジャニ費と比較した結果

以前の記事で、みなさまにアンケートを取らせていただきました。
結果、「年間ジャニーズ費用の平均は62万円」という回答になったため、これ私まだまだ普通のオタクじゃん〜♡♡と心を豊かにしています。

もちろん遠征費とか入れて回答していただいたものなので、実際、私の遠征費入れたら余裕で70万はいきそうなのでオーバーしてるとかいうなよ!いいか!押すなよ!な!っていうトーンになりつつあります。(ちなみに内訳は大阪4回、富山1回)

期間ごとの費用内訳

体感として、「今年めっちゃお金使った…」と思ったんですが、数字にしてみると思ったより使ってませんでした。ある時期にめちゃくちゃ使っていたのでは?と思ったので調べてみた結果、やはり【サマパラ〜少年たち】期間に全体の約50%近くのお金を使っていました。

しかし、MY BEST OF 現場2018を決めると必ずしも費用とは連動しないもので。
サマパラは公演数の多さゆえに躍起になってしまった部分もあったり、少年たちは2F客席降りに相当振り回されたのでなんか…うん…反省します。

ちなみにMY BEST OF 現場ランキング2018はこんな感じ。

  1. BOSS CAT初日
  2. ジャニーズJr.祭りSixTONES単独
  3. SixTONESサマパラオーラス
  4. YouTubeFanFest
  5. ジャニーズJr.祭り大阪初日

予算から大きく逸脱した理由

予算から20万円以上乖離した私のジャニ費ですが、どうしてこんなに大誤算だったのか考えてみました。

①宮舘くんに落ちてしまったことによる現場数の増加
②サマパラ追加公演
③京本くんの単独現場が多かった
④平日昼の現場に入れなくなった

①宮舘くん目当ての公演に行かなかった場合、約11万が抑えられました。
②サマパラ追加公演がなければ約6万が抑えられました。
③これはめでたいことなので仕方ないです。
④去年は育休中だったので平日昼間を狙って入っていましたが、2018年は仕事があったので人気のある平日夜or土日しか入れませんでした。

個人的な反省

「付き合い現場」はもうやめる

誰々が入るなら私も入ろうかな〜とか、友達に会うために現場に入ってしまうなどの行為はもうしません。

自担の「初●●」や気合いの入った現場はなんとしてでも初日と楽

BOSS CAT大阪千秋楽とコインロッカー・ベイビーズの手持ちチケットがまさかのバッティング。ベイビーズは友人名義のチケットだったこともあり、初日観たし・・・と軽い気持ちで大阪へ行くのをやめたのですが、これが大誤算。
京本くんがカーテンコールで涙を流したというレポを読み、赤坂ACTで崩れ落ちたのは私です。それ以来、主に2018年に初座長をつとめたスノ担の友人たちには遺言のように「とにかく初日と千秋楽だ」「一生後悔するから入ったほうがいい」と伝えつづけています。負の伝道師。

2019年の活動予算をたてよう

2019年は以下の要素があり正直活動計画が未知です。
 ・SixTONESアーティストプロモ抜擢
 ・エリザベートのチケット争奪戦
 ・少年たちはスノストで続投するのか(ジャニアイ見てたらもうハイビーちゃんに代替わりかな?とも…)

河合くんはテレビ仕事に舵を切るような気がするので、外部の現場がバンバン入ることはなさそうですが、問題はJr.界隈。特にSixTONESのユニットとしての活動規模がどうなるのか未定すぎて、あわや海外遠征も辞さない姿勢のためオーストラリアでもアメリカでもドバイでも行くつもりはあります。エリザベートも初日のルドルフが京本くんなので、何が何でも行かねばなりません。

2019年の活動予算は400,000円

完全に思考停止していて申し訳ないのですが、チケ代・FC代で400,000円を年間予算とします。
費用を下げている理由は、「なんとなくこれくらいに抑えたいから」です!!!(強引)

今年も頑張って生きていきます!

SixTONESと過ごした最高にエモい夏が終わった ~Summer Paradise 2018の終わりに寄せて~

ジャニヲタの皆様、お疲れ様です。

もはや少年たちも終わってしまい、私にとっての現場は何もなくなってしまいました。
そんな時期ですが、夏を振り返ります。

f:id:lml320:20190103214939j:plain

転職してバタバタの社会人ライフを送りつつも、足しげく水道橋に通っていました。
結論から言うとサマパラ最高、TDC最高、自担大好き愛してるって感じです(メロオタ)

備忘録も兼ねて思い出をまとめておきます。

SixTONESサマパラの思い出

大我くんの髪型がやばい

初日公演に入ったのですが、もう、もう、死ぬほどびっくりしました何あの髪型。
シルバーの長髪で目が隠れるほど前髪が伸びてて、出てきた瞬間かっこよすぎてオスみが強くてしんどかった。

サマパラ、以前にもまして全般的に大我くんのオスみが強くて、京本大我♂って感じだったの最高でした。

ラブジュが逆

横アリではジェシーにネクタイくわえさせられてた大我くんですが、TDCでは逆!!!!!!
ジェシーよりも背の低い大我くんがジェシーに自らネクタイをくわえさせてTDC内を闊歩させるその姿、帝王みが強すぎてひれ伏すしかありませんでしたが、あまりのエロさに防振を握りしめたまま硬直していました。

全公演でのきょもほくいじり

リミックスのインスト感想、じぇしゆご、しんじゅり、きょもほくの順でからむのですがそこは田中樹P。
一筋縄ではいかないきょもほくを絡ませるために一旦BGMもストップし、センステのせり出した部分の両端に背中を向けて立つきょもほくに客席とSixTONESが大注目。
密着度合いとしては鼻キスが優勝でしたが、鼻キス後に最高にいやそうな顔をして離れた2人が何よりかわいかったです。

アイドル運動会!

毎公演開催されたアイドル運動会。アイドル力を高めるために、顔がゆがんでしまうような競技をやりつつ、5秒経ったら写真を撮られるのでアイドルフェイスで映りそれをペアごとに対決するという企画です。
たまに出てしまう事故写が圧倒的かわいさでたまりません。特に北斗くんの事故写が撮れてしまったときに転げまわって爆笑する大我くんを見て私の何かがざわつきました・・・養いたい・・・。

SixTONESとオタクの芸

ジェシーに操られるスト担

①ポテト芸
ジェス「ポテトなんて言ったらぁああア~ア♪ア~ア♪」
オタク「ア~ア♪ア~ア♪」(完璧に揃う超デカい声)

②マンキー
ジェス「(脈絡なし唐突な)マンキー!!!!!!」
オタク「(秒で)マンキー!!!!!!!!」

③ホットケーキ
スト「北斗今楽しい?」
北斗「まあまあ楽しい、かな」
ジェス「ア゛ァ゛ィ゛!!!!!!」
オタク「ホットケーキをた~べて~!!!!(大声量)ホットケーキをた~べて~!!!!」
スト「北斗今楽しい?」
北斗「そうだね、今回のコンサートはs「ア゛ァ゛ィ゛!!!!!!!」オタク「ホットケーキをた~べて~!!!!(大声量)ホットケーキをた~べて~!!!!」
「せめて最後までしゃべらせてあげて」

YouTubeという最強コンテンツがリリースされたおかげでストとスト担の芸がかなり早いペースで増やされていく・・・!マンキーの翌日公演ですぐ「マンキー!!!!」出してくるジェスもジェス(好き)

サマパラ2018京本大我くんの好きなところまとめ

・布が下りた瞬間のめちゃくちゃかっこいい顔
・Summer Paradice(サマパララの歌)冒頭でめっちゃ腰落として上半身反らして踊るところ 線の美しさがやばい
・全公演通じてほぼベストコンディションのお肌
・追加公演で披露された長めのアイライン
・グラタンで作ってしまった火傷(7/29~)こんな真夏によくグラタン作ったな???
・きょもほくに対する煽りに総じて京本大我♂で応えるオス力
・「SixTONESの姫とか言われてるけど、気に入らねぇんだよ!(♂♂♂♂♂♂)」
・SHOT!で優吾が持ち上げられてるときにいつのまにか優吾に振るようになったところ
・パツパツのジーンズを着ている北斗くんの隣にいるダボダボのボトムの大我くん
・ソロの衣装(ビッグサイズTとジャポニカのボトム)が神
・WATER DANCEとN.M.P.の歌割りが神がかってた
・公演の後半になればなるほど「心」とか「世界」とかの歌詞で胸元をトントンしたりつかんだりするところ
・オーラスで客席を煽りまくる(しかし手のひらだけでというオスみ)
・Familyにおける最後の「僕がいるから」の超絶優しい声と瞳 あれだけで7500円の元はとった


・オーラス「明日からも皆の心の中には俺たちがいるから!!!」(泣いた)

SixTONESサマパラTDC座席評価

3バル:髙地担が一度は入りたい座席。バクステは見切れ。
2バル:君がいるから、僕がいるからを歌う担当はここに入ると死ぬ。見学席がよく見えます。
1バル:バクステ前は完全勝利。1列目でもファンサは狙えた。後列、サイドは3バルのステージは見えなくなる。
アリーナ:お立ち台と通路横は言わずもがな。3バルのステージに入ると首が痛くなる。
SixTONESの今回のサマパラ構成的に考えると、アリーナ良席>1バルセンター>アリーナ埋もれ>1バルその他>3バル>2バルと評価しましたが、皆さんはいかがですか?
備忘:着席ブロックは1バルバクステの真横。

京本担的詳細な座席評価としては、アリーナ上手通路横もしくはセンターの通路横が超良席。ラブジュ見たいなら上手。全体的にいいところで見たいならセンター。シクセンよりSHOW&SHOWのほうがお立ち台滞在時間が長かった気がするのでファンサ狙いなら上手のほうが有利なのかな。もちろんデジチケなんである程度どうしようもない部分はあるんですが。
来年もTDCがあったらまた座席ガチャ楽しみたいと思います。
初日公演3バル後列でぶっちゃけちょっと悲しかったんだけど、髙地くんが3バルでソロ歌いだした瞬間と、3バルにメンバーが登ってきてくれた時うれしくてちょっと泣いた。3バル後列を見やすい席にしてくれてありがとう。

これからもSixTONESを応援していくぞい

オーラス公演、トリプルアンコールでメンバーが出てきたときに何度も「ありがとう」と言ってくれたことが一番の驚きでした。むしろこっちが良いもの見せてもらってありがとうなのに・・・オタクが応援したから追加公演もできたのかなって思わせてくれちゃうじゅりちゃん神・・・ありがとう・・・。
ありがとうの応酬となったオーラスのトリプルアンコール、そして、何歌う?ってなったときに満場一致で「この星のHIKARI~!」と叫んだときあ~~~もうデビューしたわ~~~~~ってなった、いや、デビュー前のJr.としてめちゃくちゃ輝いててああもう夜明け前だなって感じた。

とにかく楽しかったサマーパラダイス、最高にエモくて最高オブザ最高でした。
EXにはEXの良さがあったけど、TDCにはTDCの良さがあるよね。
また来年も行きたいです。

SixTONES京本大我くん初主演舞台「BOSS CAT」の感想レポ&音源紹介

ジャニヲタの皆様、お疲れ様です。

京本大我くんの初主演舞台「BOSS CAT」が無事大阪千秋楽を終えましたね~~!!!!
(これを書いているのはサマパラも終わった9月という超時差・・・)

初主演ということでドキドキしながら東京初日公演を観劇させていただきました。
その後2回入って千秋楽は入らなかったんですけど、ぶっちゃけ死ぬほど後悔しているので、自担の初主演は絶対に、絶対に諦めないことを推奨します。
大我くんが大阪で泣いてたとき、私は宮館くんと赤坂ACTでコインロッカーベイビーズ観てました(語弊しかない)。

舞台の音源はここから聞けちゃいます!

音楽をご担当された大嶋吾郎さんがsoundcloudで音源を公開してくださっています。ボスキャロスはここから解消しましょう!
soundcloud.com

f:id:lml320:20180901103810p:plain

SixTONES京本大我初主演舞台「BOSS CAT」あらすじ(ネタバレあり)

冒頭は、猫をテーマにした有名作家たちの本を読む出演者たちからスタートします。
全体的にモノトーンの衣装を着た出演者たちの中、ひときわ目立つピンクのスーツにツリ目のキャットアイ、足には蛍光ピンクのペディキュアを施した京本くんがうろうろと歩き回ります。
出演者たちは猫にまつわる記載を読み、それに猫もとい大我くんがコメントしていく。
メタ的視点からのスタートです。

「今回の舞台は「長靴をはいた猫」」ということが大我くんの説明で明らかにされ、幕が開きます。

ここからは童話「長靴をはいた猫」と同じ流れで進んでいくのですが、ご存じない方もいると思うのでざっとご紹介。

「BOSS CAT」超概略のあらすじ

父親が死んだ3人の男兄弟。冴えない次男(原作では三男ですが、舞台では次男)は猫を相続し、その他の兄弟は金になりそうな遺産を相続。
ぱっとしない彼に聡明な猫は入れ知恵をし、自らの暮らしを守るため手を尽くします。
カラバ侯爵という偽名を名乗らせ、一般人の次男を侯爵と偽る。
次男が国王に気に入られるために野兎の肉を献上したり、次男を文武両道のいい男だと宣伝したり、とにかく知力を使って取り入ります。
国王の娘である姫もカラバ侯爵に惚れこみ、いよいよ本物の貴族入りも目前。
しかし、カラバ侯爵は貴族なら持っているはずの「お城」がありません。
猫は人食いオーガが所有する城に目をつけ、うまく騙してオーガを逆に食べてしまいます。
持ち主のいなくなった城を次男に明け渡し、次男は次期国王に任命されます。
姫とも結婚でき、猫は優雅な暮らしと爵位を手に入れましたとさ。めでたしめでたし。

京本大我くんのイケ猫ハイライト

・高田くん演じる使用人との日替わり掛け合い
冒頭は猫という設定に忠実な大我くん。
「にゃにゃにゃにゃ」という猫の言葉しか話せません。唯一猫語がわかる高田くんが通訳してくれますが、大我くんが高田くんに物事を説明するときの猫語、一部が日替わりです。

初日・ゲネプロはマックの「ア~ア♪ア~ア♪」をもじった「にゃにゃにゃ♪にゃにゃにゃ♪」
大阪千秋楽はアナ雪の雪だるま作ろうだったみたい、かわいいかよ。

・兎を狩るシーン
高田くん演じる兎を捕まえるため、罠をしかける大我くん。
兎は「にーんじーん!!!!(くそでかい声)」とまんまと罠にはまってしまいます。

音楽が変わり舞台は妖しいライティングに変化。ピンクと紫のライトに包まれた舞台を、鬼畜な笑みを浮かべた大我くんがゆっくりと歩いてきます。麻縄つき。麻縄で兎を縛った後、ナイフをつきつけ「鳴いてみな?…あぁ、鳴けないんだっけ(超低音)」と囁き首を掻っ切ります。
とんでもないものを見てしまった感で初日公演終了後「恋ヴァで身に着けたDV彼氏がさらに進化した…」とかつぶやいてたのが私です。

ちなみに兎は捕まる前に、「イケメンとか美人とか言われる人~!中身も磨けば完璧だよ~!わかったかな~!?」みたいなありがたいお言葉をくださります。
東京楽日の昼公演に森田美勇人くんが見学来てましたが、まっすぐ美勇人のこと見て話してて客席爆笑してました。きょもみゅ。

・「川です川です川です川です川です!!」
カラバ侯爵が川に落ちたことにして、国王と偶然を装い近づこうとした猫と次男。
客席最前列と舞台の間にある細い通路を「川」と言い張る猫だが次男は「川じゃないだろ」と言い返す。
そこで大我くんが舞台にしゃがみこみ通路に向かって「川です川です川です川です川です!!」と連呼。あれ最前列で見たら死ぬだろ。
しかも声にエコーがかかっててめちゃくちゃかわいかった。

次男がガチのパンツ一枚になるんですけど、ガチすぎてびっくりした。おもしろい。

・「カラバ侯爵のものです」の一連の流れ
BOSS CATで一番驚いたのは客席降りの長さと多さ、そして観客との絡みですよね。
客席は人食いオーガの城の近くに住んでいる村人という設定になり、「この土地は誰のものだ?」と聞かれたら「カラバ侯爵のものです」と答える、という流れに。
なんと大我くん演じる猫が客席降りして観客に話しかけ、「おい、そこの者」「この土地は誰のものだ?と聞かれたら、「カラバ侯爵のものです」と答えるのだぞ。よいな?」と教え込みます。
そして、それだけでは終わりません。「では練習してみよう。この土地は誰のものだ?」と大我くんが聞きます。

もう一度言います。
京本大我に話しかけられて返事をするという臨死体験ができます。

で、また、この客席降りがゆっくりなんですよ…きれいな顔を間近で見られるんですよ…。
大阪であまりの美しさに「きれい…」と心の声が漏れたオタクに対し、「綺麗?ありがと。」と返したりと後半は余裕も登場していたようです。

そして大我くんが消えた後、王様・姫・付き人の3人がとにかく客席を縦横無尽に歩き回り、観客に手あたり次第に「この土地は誰のものだ?」と聞きます。もちろん通常は、大我くんが教えた人に聞くんですが、美勇人くんは大我くんに教わってないのに聞かれて「えっ!俺じゃない俺じゃない!後ろ!(大我くんは後ろの男性に話しかけていた)」と答え、最後は観念して「カラバ侯爵のものです…(恥ずかしそうだけど大きな声)」と答えてて会場沸きました。

平野さんは客席に飴ちゃん配っててめちゃくちゃ笑いました。最後列くらいまで走っててめっちゃハアハア言ってた。so cute。

・人食いオーガを食べるシーン
ボスキャの中で一番シリアスなシーン。
猫より圧倒的に体が大きく戦闘能力も高そうな人食いオーガを、知力を駆使して猫が食べてしまいます。
何にでも返信できるという人食いオーガをたきつけてネズミに変身させ、猫が食べてしまう流れに持っていくため、オーガの嗜好を読んで言葉を選ぶ猫が最高にかっこいい。
途中、どきりとしたように目を見開く日もあれば、妖艶に笑ったように感じた日もあったりして、毎回息を止めて見ていました。

ネズミを目の当たりにして食欲が抑えきれなくなった猫の表情もたまらなくミステリアスで猟奇的で、怖いけれどずっと見ていたい、そんな気持ちになります。

・ラストシーン「おやすみなさいまし」
舞台終わった~~!!!!ハッピーエンド~!!わ~~~!!!!!!
っていうテンションで手拍子してニコニコしていた客席を一瞬で黙らせる演出と大我くんがすごい。

初日は当然観客全員が流れを知らないのに、拍手がピタリと止まったのはさすがとしか言いようがない。
舞台の世界から、現実世界に戻ってきました。

ストーリーテラーに戻った大我くんが背中を向け、「それでは、おやすみなさいまし」と低音でつぶやく。
そのまま暗くなって舞台は終わりますが、不思議と重い気持ちにならないのが良かった。

まるで明るく笑っていた子供が読み聞かせを終えて眠りについた後のような、少し寂しくもあり奥行きのある大人の時間を感じました。
それを弱冠24歳独身子無しの京本大我くんが醸し出すのすごいな!!???
うう…自担が好きです…(オタクの所感)

SixTONES京本大我主演舞台「BOSS CAT」小ネタ

この舞台実は結構小ネタがあるような気がしています。思いついたもの、調べたものだけ。

ガチで哲学的観点から考察されているブログがあったのでご紹介します。
twinkleplough.hatenablog.com

・「祝詞」の詩について
次男が暗唱させられる「祝詞」。猫はすべて覚えろと言いましたが、次男の様子では到底無理そう。
姫の前ですらすらと捧げた詩は誰のものだったのだろう?
舞台オリジナルかな、と思っていたら、なんとあれは「祝詞」の全文でした。
次男は「祝詞」をすべて覚えたのか、それとも、元から知っていたのか…。いずれにせよ、驚きました。

全文読みたい方はこちらの「フランス名詩選」をどうぞ。

あとは思いつきベースで・・・そのうち更新します(雑)

SixTONESさんのYouTubeロケ地めぐりをしてきたよ~!

ジャニヲタの皆様、お疲れ様です。

自担がYouTuberになって数ヶ月が経ちました。

結論、YouTubeめっちゃ楽しい。

ロケ地めぐりも楽しい

というわけで、早速SixTONESさんのロケ地をまとめるよ~!まだ全部コンプしてないので行きたいよ~!

六本木「いなきあ」さん【訪問済】

SixTONESが打ち合わせで使ってた居酒屋さんはこちら。
六本木|和食|魚料理|個室|六本木いなきあ

■アクセス
六本木ヒルズ森タワーウエストウォークの5Fにあります。
地下鉄各線 「六本木駅」1C出口直結。

■写真
f:id:lml320:20180616134614j:plain
f:id:lml320:20180616134656p:plain
みんなが飲んでたのは「氷果実レモンサワー」のノンアルコール版
頼めばノンアルコールで作ってもらえます。

f:id:lml320:20180616134646p:plain

■すとちゅーぶへのリンク
www.youtube.com
www.youtube.com

埼玉県越谷市「FlyStation」さん【まだ行ってない】

SixTONES全員がレンタカーで行ったスカイダイビングのお店はこちら。
日本が初体験のエンタメ!FlyStation

■アクセス
JR 越谷レイクタウン駅から徒歩12分
動画では、渋谷から車で約40分とのことでした(実際は渋滞でもっと時間かかってました)

■レンタカーはこちらから
おそらく出発地はニッポンレンタカー渋谷駅東口店さんと思われます。
f:id:lml320:20180616133946p:plain

■すとちゅーぶへのリンク
www.youtube.com

両国「回向院」さん【訪問済】

田中樹くんと京本大我くんが訪れた「鼠小僧の墓」がある回向院さんはこちら。
回向院 | 歴史の中で庶民と共に歩んできたお寺
読み方は「えこういん」だそうです。

■アクセス
両国駅から歩いて5分ほどで着きます(私は迷って10分かかりました)
静寂な雰囲気があり、樹くんと大我くんが「ここだけ雰囲気違う!」って言ってた通りでした。

■写真
f:id:lml320:20180616132239j:plain
f:id:lml320:20180616132402j:plain

■すとちゅーぶへのリンク
www.youtube.com

押上「BigBang」さん【まだ行ってない】

髙地優吾くんとジェシーくんが訪れた隕石の店はこちら。
隕石直売所BigBang

■アクセス
押上駅から徒歩5分圏内。
スカイツリーの目の前です。

■すとちゅーぶへのリンク
www.youtube.com

五反田「クリスタルワールド」さん【まだ行ってない】

松村北斗くんと森本慎太郎くんが訪れた石のお店はこちら。
天然石・パワーストーンの販売 クリスタルワールド五反田TOC店

■アクセス
JR、都営地下鉄五反田駅より徒歩8分
東急電鉄目黒線不動前駅より徒歩6分
東急電鉄池上線大崎広小路駅より徒歩5分

車でも行けます。
駐車場が260円/30分という半端なお値段。

JR五反田駅から送迎バスあり。
詳しくは五反田TOCのHPより。

■すとちゅーぶへのリンク
www.youtube.com

随時更新していきます♡

ロケ地めぐりまじで楽しいのでおすすめです!!
月末は深谷市に行ってきますのでレポします~!

Jr担における「自担を3分割する」ことの難しさについて

ジャニヲタの皆様、お疲れ様です。

私は基本、自担を3分割して応援しています。
過去大きなスキャンダルが起きるたびにアクセスがじわじわ伸びてしまう当ブログの人気記事にも書いたとおり、このスタンスがあるから健全にアイドルとしての自担を応援できています。

ねぇ、でもさ、なんかさ、Jr担って自担3分割するのめっちゃくっちゃしんどいね????
Jr担になる前からわかってはいたけど、あぁ、やっぱりそうか・・・と思うことが多かったので書きます。

「認知」「繋がり」マウンティングの多さ

いっとき、マジで会う人会う人認知と繋がりの話ばっかりで本気でいやになってTwitterのアカウント1個消したことあります。ちなみにそういうマウンティングしてきた人全員同じユニットの担当してたのは怖かった。
飲み会とかで普通に話してたはずなのに以下の会話。

マウンティングするオタク「そういえば友達が樹くんと***でさ、樹くんって***の時めっちゃ***らしいよ」
マウンティングするオタク「この前*で大我くん**てたよ」
マウンティングするオタク「私絶対深澤くんに****てるわ、この前**でめっちゃ見られて笑われたし、*でもなぜか目合ったしw」

わたし「へぇ・・・」
わたし「そうなんだぁ・・・」
わたし「うん・・・」

だいたいオタクがマウンティングしてくるのって初回の飲み会。はじめましての会で相手を格下認定したがる感じがマジ怖い。デビュー組の担当でもこういう人いるけど、Jr担は圧倒的に数が多い。認知されてからの干され自慢もある。

このマウンティングに悔しさを感じてしまうと、自担3分割からは遠ざかる。私は引いちゃう方なので悔しくはないんですが、実際これで「私も●●くんと***したい!」ってなると人生ちょっとヤバい方向に行くリスクを負います。
ちなみにあんま言いたくないけど、こういうマウンティングする人ほど大したことない繋がりだったり、実際は認知されてなかったりするオタクがほとんどなのは世の常だかんな。ガチで付き合ってる子ほど、家族とかにしか言ってなかったりする(しかしそこから情報が漏れるのがまた悲しい事案でもあるんですが…)。

闇へのお誘いが多い

何とは言いませんが自担と触れ合う機会に誘われることが多い。ここで首を縦に振ると破滅する。私が深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを見ている案件。

なんでこんなにJr担は距離が近いのか

身近なアイドル、という存在を前面に押し出しているユニットほど、変なオタクがいる。えびも情報マウンティングしてくるオタク多いと思う。
SixTONESさんはでかい世界相手に戦うユニット目指していると思っているので、応援するので、もっともっと売れてデビューして、手の届かないところまで行ってもらって、こういう情報マウンティングしてきたり繋がりアピールしてくるオタクを一回一掃してほしいです。

気持ちは非常によくわかるんですが、そして、10代とかでそのマウンティングしてくるなら若いしかわいいしわかるな、と思えるんですが、普通に同じ年代もしくはそれ以上の方がふっかけてくるの良くないと思ってます。しかも私既婚子持ち。そういう弱小オタクにマウンティングしたり触れ合う機会に誘ったりするのどうなの。

ある現場で出会ったオタクが「触れ合わないとJr担やってる意味薄れる」って言ってましたが、宗派の違いを感じます。

Jr担って大変だ。
でも、自担に魅力があるから担当は続けてしまうわけなので、こうした深淵からはなるべく距離を取りつつ、自担とSixTONESが早く売れてくれることを願います。

10年勤めた会社を辞めまっす

ジャニヲタの皆様、お疲れ様です。

私事ですが、10年勤めた会社を辞めて転職することにしました~!
どうせなら退職前の有給消化期間を現場期間にあてればよかった…と思いましたが、そう簡単にチケットが手に入るわけもなく、ハイビークリエに行く夢は消えました。

せっかくなので、ジャニヲタ的現職のよかったところ・悪かったところをまとめます。

どんな仕事してたの?

都内のIT系企業で営業やってました。
5年目まではエンジニアで、6年目からは営業やってます。

界隈では激務なことで有名で、その代わり、年収はいいよ♡という企業です。

ジャニヲタ的良かったところ

①給料が良い
都内に一人暮らしをしながら、お金を気にせず遠征し、美味しいものを食べたり飲んだりして、ルミネで服買ってデパコス買っても死なないくらいのお金がありました。
②勤怠が割とゆるい
今話題の裁量労働制なので、普通に午前に予定入れたり、午後早退したりしても大丈夫でした。
定時という概念がなく自由に仕事ができたので、現場のために早帰りすることもしばしば。

悪かったところ:仕事が忙しい

お金があっても現場に行けない。
基本的に、平日の夜は予定を入れて間に合ったことがありません。
どうしても行きたい予定があれば、休んでいました。

男性が多いのでジャニヲタ仲間はできない

よく「会社の同僚がジャニヲタ」みたいな話も聞きますが、基本的に女性が少ない業界なのでジャニヲタ仲間が少ないです。
新入社員(ピーク時は400人くらいいた)のプロフィールが書かれた社内報をしらみつぶしにチェックし、「好きな芸能人」欄にジャニーズJr.を書いている人がいないか見ましたが、いまだかつて出会ったことがありません。たまに中島健人くん好きな子が出る。

総括

給料が良くても激務な会社だと、平日の現場はほぼ無理です。
ただ、給料は良いのでお金は気にせず生きていけます。
どちらを選ぶかは、どういうジャニヲタライフを送りたいか次第です。

次の仕事はどんな感じ?

次は外資系コンサルタントという強そうな肩書になります。
ただ、今の会社よりも勤務体系はマイルドになるので、その分給料もちょっと下がります。
どこにお金を使うのかよく考えて使っていきたいですね!!(←今年の夏に遠征2回する予定の人)
ボスキャ大阪行くかどうかめちゃくちゃ悩んでおります。