読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LUSH MY LIFE.

仕事も家庭も趣味も全部楽しみたい欲張りブログ

好きなものを貪欲に

ゴシップ記事で凹んだことのなかった私が泣いた話

ジャニーズ

私の担当さんは決してスキャンダルがないわけではなかったです。
モデルさんとの上半身裸のツーショットがBUB*Aに載ったり、キャバクラで酔っ払って書いたと思われるサインが出回ったり、そういうことはありました。

でも、そこまで落ち込むことはなかったんです。

一昨日までは。

f:id:lml320:20170222103638j:plain

「自担(推し)だって男の子だし」

私がテレビを通して見ている彼らは、「お仕事モード」の彼ら。加藤シゲアキ先生がおっしゃるように、虚像なんです。

そこまでは理解できていたので、自担だって男の子なんだから、恋愛くらいする。若ければ、過ちだって犯す」そう思っていました。

今回だけは違った

今までと決定的に違ったのは、彼のことを私が「ピュアな男の子」だと思っていたことでした。かなり年下だったこともあるでしょう。

今冷静に考えればあの顔であの家柄、しかも売れジュとくればモテないわけがない。なのになぜか、グループ内での立ち位置(ボケだし天然だし)のせいで、私は彼をイノセントな天使だと思っていたんです。文字にするとパンチが強いですね。でも事実です。

しかも、今回は恋愛スキャンダルじゃない、というのもきつかったです。

天使だと思っていた推しがまさかお店で・・・ラブホで・・・いや、記事の信憑性が限りなく薄い(暗闇で顔を見た瞬間彼だとわかった、とか、顔を見ないためにテレビのコンセントを抜いた、とか)のはわかっていても、事務所が出張マッサージの利用を認めているあたりでもう死にそうでした。

前日に現場入りしてたのもきつい

あの週刊誌が発売される前日、私は彼の現場にいました。

かなりの良席で、普通に肉眼で見えたし、なんなら手も振ってもらった(と思っている)。TwitterやLINEで「天使だった・・・」としか言えない壊れたbotになっていました。

なのに。

翌日にこれかと。

こんな時期に発売されることで、あ〜彼らも売れたのかな、と思う反面、「ホテル」「女性に暴行」「超有名芸能人の息子」というワードでどうも某T畑くんのことも思い出させる風味がある。
私の携帯にdマガジンの通知がきましたが、これも「****の息子、ジャニーズJr.**の〜」という書き出しになっていて、ちくしょう、こんなことで話題に、と思いました。

TVや現場で感じた違和感を逆算してしまう

あのトラブルがあったと言われているのが去年の年末。

おそらくその後に演出が決まったと思われるあの現場、記者会見もグループからはJくんだけ。そこに推しはいませんでした。メディア的には****の息子である推しが出るのも話題になるのでは?と思いましたが、うーんまあJくんの方がよく喋るしなぁ、と思ってました。

が、実際に現場入りするとそれはもうワントップみが強い。てっきり二人でセンター割りのシンメなのかと思ってましたが、1・2・3の逆トライアングルの配置が目立ちました。

「まさか、このトラブルがあったから?」と思ってしまう自分もいやでした。

ジャニヲタではない人からの言葉で泣いた

彼のお父さんのファンは親世代に多いです。
なべふかやJくんと一緒に出たテレビの後は、「お父さんに似ていてかっこいい」みたいなポジティブコメントを寄せてくれた人が、今回の週刊誌の記事に触れてこようとして、思わず泣いてしまいました。

ジャニヲタではない人の言葉が、まるで、世論のような気がして。

決してそんなこともないし、めちゃくちゃなゴシップ雑誌の1記事でしかないって頭ではわかっていても、何かを直視してしまうようで怖かったです。

「ジャニーズの傷はジャニーズで癒す」しかない

そんな中迎えた、2/22のザ少年倶楽部。今回はセレクションだったので、過去の映像にまあ出るわ出るわ。

もう顔を見るのもつらくてテレビ消そうかと思いました。

でも、あきらめずに見ているといいこともありますね。
推しの肩に手を置いてニコニコ笑顔のグループメンバー。つられて笑う推し。

その瞬間、なぜか「あ、たぶん、大丈夫だ」と思いました。
今回の件は推しの知名度とか、部分的な真実とか、そういうものが招いた事故ではあるけれど、グループで乗り越えていける。
そう思うと、自然とテレビも見れるようになってきました。

今後も応援していきます

こんな言葉しか言えないけれど、今後も応援していきます。

生まれてはじめてこんなに凹んだけれど、立ち直れたし、また推しの現場にも行こうと思います。