読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LUSH MY LIFE.

仕事も家庭も趣味も全部楽しみたい欲張りブログ

【マタニティウエディング】結婚式までの備忘録その1:殴られる覚悟でやった親への挨拶から式場決定まで

出産予定日を控えて、きっと産んだらいろいろめちゃめちゃ大変なんだろうな〜と思うので備忘を兼ねて。
挙式の記事はこちらから。

www.lml320.com

f:id:lml320:20161012225553j:plain

嫁データ

 挙式時の週数:26週
 つわり:妊娠3ヶ月〜5ヶ月頃まで食べづわりあり
 属性:20代後半の働く妊婦(職種:営業)
 家族構成:両親(60代)&妹(20代前半、既婚)&犬

旦那データ

 属性:月残業80H超、休日出社月1〜3回の20代後半おたく(職種:SE)
 家族構成:両親(60代)&姉(30代前半、既婚)&猫

挙式&披露宴データ

 場所:ANAインターコンチネンタル東京
 費用:400万ちょっとオーバー(当初予定通り)
 ゲスト:70名超(親戚+職場+友人)
 二次会:なし。挙式&披露宴のみ。

2/28(挙式5ヶ月前、妊娠9週):嫁実家への挨拶

 旦那さんが「殴られる覚悟で」来た親への挨拶。我が家の場合は先に妹が結婚していることもあり、親からの「お前はまだか」というプレッシャーが大きかったのですが、意外にも「これで不安はなくなった」と言われました。私は「お前は結婚できないだろうからとにかく仕事を頑張れ、老後の貯金と出世をしろ」と親にずっと言われていたので、肩の荷が下りたそうです。
 1年前に私の父親が文字通り瀕死の状態になりもう長くないかも…という状態のため、「生きている間に花嫁姿を見れることが何より嬉しい」とのことでした。たぶん、父親が元気だったら本当に殴られていたと思います。

でき婚ならではの気をつけたポイント

 挨拶の際必ず伝えようと事前に決めていたのは以下のポイントです。

  • 結婚と妊娠の順番が前後してしまい、申し訳ないということ
  • 付き合いだした当初から結婚前提で交際していたこと
  • 挙式、披露宴は行う予定だということと、ざっくりの時期
  • 入籍予定時期(私たちの場合は挙式当日でした)
  • 同居開始予定時期(私たちの場合は産後1ヶ月〜の予定でした)

 また、「これらを全て旦那の口から伝える」ことも重要だと考え、話の切り出しは全て旦那さんに頑張ってもらいました。姿勢としては「無計画だったところはちゃんと謝って、その後の計画をしっかり話すことで少しでも認めてもらうための努力はする」。
 実家への挨拶順序についても、義実家と相談し、通常好ましいとされる「旦那実家を先、妻実家を後」の逆にしました。

3/6(挙式4ヶ月前、妊娠9週):ブライダルフェア巡り、式場確定

 挙式は安定期のうちにやりたいと思っていたので、早めにブライダルフェアに参加!ゼクシィのHPからフェアを予約し、参加しました。

気をつけたポイント

 マタニティかどうかは関係なく、周りの友人から「当初の予算より100万くらいは跳ね上がるから注意してね!」と言われていました。花をちょっと豪華にすると10万、料理をちょっと豪華にすると10万、とか。
 なので、当初の予算からワンランク下げた状態で式場を検索しています。ゼクシィの検索条件が残っていたので公開^^

f:id:lml320:20161012221124p:plain

結局回ったのは3件

 これ、めっちゃ悩みました。(笑)フェアを絞り込んだポイントは以下の通り。

  • マタニティフェアがある会場
  • 下見に行ける日、フェアの空きがある会場
  • 試食会のあるフェアに行ける会場
  • 親の好みを満たす会場(義姉さんが挙式済みのため、その時の義両親の感想も旦那さんにヒアリングしました)

 予約したのは、ANAインターコンチネンタルホテル東京・目黒雅叙園・ホテルニューオータニ・麻布迎賓館の4つです。が、実際はその直後に従姉妹と友人の結婚式場がニューオータニだと知ってキャンセルしたので、3件ですね。

フェアの感想、各式場の良かったところと好きになれなかったところ

 どの式場もめっっっっっっっちゃ良かったです。

 目黒雅叙園:

f:id:lml320:20161012224409j:plain
出典:ゼクシィ

 【良かったところ】料理がおいしい。本当においしい。今でも雅叙園の披露宴に呼ばれると小躍りするくらいおいしい。会場に特色がある。レストランがあるので挙式の後も思い出に浸れる。マタニティウエディングの場合、式の打ち合わせでブライズルームが使える。体調によっては横になって打ち合わせしても良いと言われました。
 【好きになれなかったところ】親族控室から挙式会場までが遠い。披露宴会場の天井が割と低く、少し圧迫感があった。駅から遠い。(送迎バスがあります)

 麻布迎賓館:

f:id:lml320:20161012224133j:plain
出典:ゼクシィ

 【良かったところ】スタッフの方がとても熱く、一緒に式を作っていきましょう!という想いが伝わってきた。駅から近い。チャペルがアンティークで、本当にかわいい。自由度が高い。マタニティウエディングの事例も多く出していただき、安心感があった。
 【好きになれなかったところ】親族控室が狭い、というか無いに等しい。料理が他の2つに比べると割と普通だったかな…。

 ANAインターコンチネンタルホテル東京:

f:id:lml320:20161012224319j:plain
出典:ゼクシィ

 【良かったところ】駅から近い。完全バリアフリー。挙式の前日か、当日にスイートルームに一泊できる。
 【好きになれなかったところ】麻布迎賓館との比較ですが、スタッフがやや事務的に感じた(のちに払拭されましたが)。あと、提示された値段はこの中で一番高かったです。挙式から披露宴までホテルの中で行うため、人の目が常にあります。マタニティでのウエディング姿を知らない人に見られることに抵抗がある人は無理だと思います。

決め手は「結婚してからも思い出に浸れる場所」

 目黒雅叙園、麻布迎賓館は「結婚式をする場所」という色あいが強いです。いっぽうANAインターコンチネンタルホテル東京は「ホテル」。
 結婚してからも、子供ができてからも、子供が成人してからもずっと「ホテル」はそこにある(潰れてなければの話ですが)。
 家族になってからの思い出をこのホテルと一緒に刻んでいければ…という想いが生まれ、ANAインターコンチネンタルホテル東京にしました。

マタニティウエディングの場合は「式場が予約できる時期」にも注意

 式場選びの際にすでに妊娠がわかっている場合は、安定期の間に式を挙げたい!という方も多いと思います。理想は「大安」「梅雨やめっちゃ寒い時期は避けたい」などありますが、妊婦さんの場合は「体調優先」
 安定期に入ってすぐの挙式は「つわりがひどい時期に準備のピークが来る」が、「式の後出産準備をする余裕期間が長い」です。また、お腹もあまり出ていない時期に挙式ができます。
 安定期後半の挙式は「準備に余裕をもって取り組める」が、「お腹が出てくるためマタニティがモロバレ」という点もあります。
 それぞれメリット・デメリットがあるため注意が必要です。 

次回予告

 式場が決まった後は、ドレス選び・ブライダルエステ・アクセサリー選びなど花嫁独自のタスクがいろいろありました。
 妊婦だしエステ必要ないか…と思っていたのですが、まったくそんなことはなかったので、やってよかったことも紹介できればと思います。